タレントマネジメントで最高のチームを作る│よりよい企業の作り方

男の人

義務化の波

2人の女性

2015年に新たに始まった制度に「ストレスチェック制度」があります。ストレスチェックは従業員が50人以上の事業所で必ず行なわなければなりません。1年に1回従業員のストレス度具合をチェックし、健康に働くための制度です。サービス残業や長時間労働が問題になり、会社で働く人の身体的負担や心の負担は大きくなっています。ストレスチェックを受けて結果がよくない場合は、その企業の産業医に相談することができ、場合によっては残業時間を減らしたり勤務時間が考慮されたりします。うつ状態になり会社を退職する人は増えてきており、自殺者の何割かは会社でのストレスが原因で自殺しているというデータがあります。会社での環境改善がストレスを減らし、自殺者をなくすことにも繋がるのです。
ストレスチェックを行なう場合、自社で行なう方法と外部の委託業者に依頼する方法があります。自社でストレスチェックを行なう最大のメリットは、費用が節約できるところです。ストレスチェック義務化に伴い、大きな費用の負担は避けたいところです。自社で調整ができるならば、自社で行なうのも1つの手です。自社で行なうときには、担当者を決めストレスチェックに関する専門知識を得る必要があります。ストレスチェックの担当者を捻出できない状況である場合、外部委託業者に依頼するとよいでしょう。ストレスチェックの外部委託を利用することによって、専門的な知識を得る必要はなく、他の仕事の妨げにもなりません。専門的な指導やアドバイスをもらえるので、自社で行なうよりメリットが多くあるといえます。

Copyright© 2016 タレントマネジメントで最高のチームを作る│よりよい企業の作り方 All Rights Reserved.