タレントマネジメントで最高のチームを作る│よりよい企業の作り方

男の人

いつかの備え

システム

安否確認システムは導入すると、大規模災害が発生した際に従業員の安全を素早く確認し、次の行動を決める大きな決め手になります。大企業への安否確認システムの導入は定番となりましたが、中小企業への安否確認システム導入の動きも出てきています。中小企業でも導入しやすい料金プランを打ち出している業者もあり、ますます安否確認システムを導入する企業も増えていくでしょう。
安否確認システムは、災害発生時にメールなどの手段で従業員の安否状況を確認し、管理システムでチェックできるものです。集められた情報は管理され、従業員ごとに検索することも可能で安否状況によって振り分ける機能もあります。事前に従業員にメールアドレスなど必要な情報を登録してもらい、安否確認システムに登録しておきます。登録漏れがあると、災害時に正常に使用できない可能性があるので、登録状況をチェックできるような管理体制が必要です。
安否確認システムは、災害発生時にすぐに利用できるようなものでないと効果がありません。導入するシステムの操作が難しいといざというときマニュアルがないと操作できず、初動が遅くなる可能性があります。操作が難しくなくシンプルな安否確認システムを選ぶとよいでしょう。安否確認システムに登録する従業員の情報は個人情報にあたります。個人情報を厳重に保護するシステムでないと、思わぬところから従業員の個人情報が流出する恐れもあります。プライバシーが守られた安否確認システムであるか確認しましょう。

Copyright© 2016 タレントマネジメントで最高のチームを作る│よりよい企業の作り方 All Rights Reserved.